当院からのお知らせ

日常生活向上トレーニング指導

日常生活向上トレーニング指導とは

基本的には筋力の低下や、筋力低下が原因で痛みやケガを引き起こしてしまっている方、高齢者を対象としたトレーニング指導です。

トレーニングの必要性

一般的には、人間の筋力は20歳代にピークを迎え、その後徐々に低下し、60歳を過ぎると劇的に低下します。
しかし高齢者の筋力やその他の運動機能には、大きな個人差があります。同じ80歳でも、まったくの寝たきりの人もいれば、元気にスポーツ
をしている人もいます。これは、日常の運動に差があるためです。
体力は貯蓄のようなものであり、何もしなければ毎年少しずつ減っていき、やがては底をつきます。かつてよりも寿命が長くなったのですか
ら、それに見合うだけのトレーニングを行い、貯蓄を殖やす必要があります。

筋力トレーニングの効果

高齢者であっても、積極的な筋力トレーニングを行えば、加齢による筋力・筋量の低下を防ぎ、さらに増強することが可能です。同時に、持久力や、柔軟性、バランス能力も向上することができます。最近の研究では、90歳以上の高齢者であっても、筋力トレーニングにより筋力を増強できることがわかっています。
家にこもりきりの生活となり、日常の活動量が低下してくると、次第に運動機能が低下します。また病気や入院などにより、急激に運動機能が低下することもあります。こうした運動機能の低下は、そのために外出がおっくうになり、さらに運動機能が低下するという悪循環を招きがちです。
高齢者の自立した生活のためには、この悪循環を断ち切る必要があります。そのために必要なのが、日常生活向上トレーニングなのです。
日常生活での痛みの出る動きを確認し、それに伴いどこの筋肉を補えば良いのかを判断し、行います。
チューブトレーニングや可動域トレーニングなど普段家では行わない動きを取り入れることにより、本来の能力を引き出し、症状の改善や痛みの改善後の再発予防をしていく事を目的とします。